「GIGAスクール構想」を実状を無視して、押し付けるな!

【全教談話】

子ども・教育への影響や地方自治体の実状を無視し、

経済政策としての「GIGAスクール構想」を押しつけるべきではない

 

       2020年2月21日

         全日本教職員組合(全教)

         書記長 檀原 毅也

 

 政府は、12月13日、経済財政諮問会議で安倍首相が「PCが1人当たり1台となることが当然だということを、国家意思として明確に示す」と発言したことを受け、経済対策として「GIGAスクール構想の実現(2318億円)」を含む補正予算案を閣議決定しました。

 

 同日、萩生田文科大臣は、「令和時代のスタンダードとしての1人1台端末環境~大臣メッセージ」を発表し、「GIGAスクール実現推進本部」を設置し、「児童生徒1人1台コンピュータを実現」「高速大容量の通信ネットワーク」整備等の政策パッケージを発表しました。

 

「大臣メッセージ」では、「1人1台端末環境は、もはや令和の時代における学校の『スタンダード』であり(略)これからの学校教育は劇的に変わります」としています。

 

しかし、「教育のICT化」や「1人1台端末」が子どもと教育に及ぼす効果や影響についての研究・検証も十分おこなわれていないまま導入を強行しようとするもので、学校現場から懸念する声が上がっています。

 

子どもと教育への影響についての検討を後回しにし、とにかく「国家プロジェクト」として位置づけ、公教育への民間産業の参入を促進する経済対策としてやみくもに導入に突き進んでいくことは、許されるものではありません。

 

 政府・文科省は、一人ひとりの子どもたちの学習ログを蓄積しAIを活用することで「最適化」された課題を提供し、異なる課題にとりくむことで「公正に個別最適化された学び」が実現するとしています。

 

しかし、今、経済政策として強引にICT化をすすめれば、子どもたちが共同の学びをすすめ、人間的なふれあいを通じて育む本来の教育を大きく阻害する危険性があります。

 

「人格の完成」をめざす教育に直接責任を負う教職員の専門性をも否定するものです。

 

また、子どもたちの学習ログを蓄積したビッグデータを活用することは、民間教育産業や巨大IT産業による教育や生活への介入・支配につながる危険性すらあります。

 

さらに、ICT機器の活用を推進することによる子どもの体や心の成長・発達への影響について、多くの専門家から問題が指摘されていますが、十分に検討されているとは言えません。

 

 文科省は、2019年度補正予算を受け、「児童生徒1人1台コンピュータ」配備について「令和5年度までに、小中全学年で達成」(「児童生徒1人1台コンピュータ」の実現を見据えた施策パッケージ)することを地方自治体に押しつけています。

 

1人1台端末の配備に係る2019年度補正予算において「全校分の所要額を計上している」としていますが、

通信ネットワーク配備に関する経費の半分と導入後の運用保守・保証などのランニングコストや有償ソフトウエアに関する経費の全額は地方自治体の負担であり、

地方自治体財政に大きな負担をかけるとともに、安定した運用の保障もありません。

 

すでに、静岡県市長会等から、各自治体の補正予算における関連経費が大きいとして、政府への批判や不満が噴出しています。

 

 「GIGAスクール構想」の導入により、公教育への民間産業の参入を促進しようとする政府・財界の意図が見え隠れします。

 

全教は、

子ども・教育への影響や自治体の実状を無視し、経済政策として「GIGAスクール構想」を押しつけるのではなく、

 

子どもや学校、地方自治体の実態を踏まえ、国の責任で一人ひとりの子どもたちにゆきとどいた教育を保障するための条件整備をすすめることを求めます。

                          以上

   ↑

このことについてのご意見をお寄せください。

学校現場での、さらなる多忙化は必至では(-_-;)

請願のための紹介議員を1人から、複数・二人以上にしないでください

 

 私たちが議会に請願する際、紹介議員が必要です。今は、1名の紹介議員で請願できるのですが、県議会ではこの2月議会で、紹介議員を複数(2名以上)にする案が遡上しています。私たちの要求の実現に大きな障害となるとともに、県政への門戸が閉ざされることにもなりかねないこの事態に、紹介議員複数にしないよう要請したいと思います。

 

 教育全国署名を行っている私たちにとっても、一大事です。

 

・少数意見排除、議会の自滅行為です。

 

・教育全国署名についても、議会多数派から毎年不採択とされてきましたが、

 しかし、毎年毎年請願項目を練り、また議会各派にも直接要請して説明してきました。

 その中で、改善も重ねてきました。

また、会派にとっても貴重な意見・実情を聞く場であったはずです。

 

是非、呼びかけに応えてください。

 

また、わかる範囲で、他の県議、会派にも要請してください・

 

静岡県議会に要請します

請願の紹介議員を複数にしないでください

 

 日頃より、県民のための開かれた公平・公正そして民主的で円満な議会運営にご尽力されていることに敬意を表します。

 さて、今般、請願の紹介議員を複数にすることが、議会運営改善検討委員会で議論の遡上に上がっていることに大変な危惧を抱いています。

 言うまでもなく請願権は、憲法で保障された「国民の権利」です。請願に複数議員の紹介を必要とすることは、この「国民の権利」を事実上制限することになり、また、「議員としての権利は、議長も一議員も同じ」という『議員平等の原則』からすれば、許されないはずです。県民の県政への声を入り口で閉ざすことは、県民に開かれた「言論の府」としての議会の役割を自ら否定することになりかねません。

 県民に開かれた県議会の役割を一層果たすためにも、請願の紹介議員を複数にすることはやめ、今まで通り紹介議員は1人以上とするよう、ご尽力くださいますようにお願いします。

 

 

1.請願の紹介議員を複数にしないでください。

公務員も、春闘へ! 全労連公務部会・公務労組連絡会

《2020国民年春闘アピール》

 憲法改悪に執念をもやし、労働者・国民犠牲の政治を強行する安倍政権と対峙し、すべての労働者の大幅賃上げ、生活改善と安定雇用をめざす20国民春闘のたたかいがスタートしました。

 

 森友・家計問題にくわえ、「桜を見る会」問題、IR汚職事件など、安倍政権による政治の私物化と忖度政治の横行など、政権政党や官僚の劣化が誰の目にも明らかになっています。年明けには、トランプ大統領の指示により米軍がイラン政府高官を空爆で殺害するという国際法違反の許しがたい暴挙が行われました。しかし、こうした緊迫した情勢のもとにおいても、安倍政権は中東沖への自衛隊派兵を閣議決定し派兵を強行しようとしています。今やるべきことは、閣議決定を撤回し自衛隊派兵を中止するとともに、アメリカのトランプ政権に対して、イラン核合意への復帰を求める外交努力をすることです。

 

 2020年度政府予算案が閣議決定されました。

消費税増税で深刻な打撃を受けている国民の暮らしには目もくれず、大企業優遇と大軍拡を推し進める予算案となっています。

社会保障費の「自然増」は、診療報酬のマイナス改定などで1200億円削減され、さらに高齢者の医療費負担や介護利用料金負担増などがねらわれています。

年金も「マクロ経済スライド」で2年連続の実質削減になっています。

 

 新自由主義経済の「競争こそが発展の原動力」という利潤第一主義により、労働者と大資産家、中小零細企業と大企業、男女間や地域間の格差が拡大しています。

一方で、大企業の内部留保は、安倍政権の6年間で333兆円から449兆円に膨れあがり、名目GDP増加分の2.26倍になっています。

この6年間で労働者の名目生産性は49万円増加しているにもかかわらず、実質賃金は減り続けています。

内部留保の増加によって経済の循環ができていないことが、労働者の生活と中小企業の経営を困難にしています。

大企業の労働者を2万5000円賃上げするのに必要な内部留保の割合は僅か1.37%です。

 

 今、労働者・国民の犠牲のうえで巨額の富を蓄積している大企業などに、下請けいじめをやめさせ労働者の大幅な賃上げや社会的責任を果たさせること、そしてそれを支える政治の方向を変えることが求められています。

 

 多くの国民が、自然災害や格差拡大と貧困に窮するなか、公務・公共サービス、教育の役割がいっそう重要になっています。

 

しかし、政府の公務員総人件費削減方針による定員削減で長時間過密労働が深刻さを増し、国民の安心・安全が脅かされています。

 

国民・住民のいのちと暮らし、権利を守る公務労働者として、あらためて憲法を守りいかすたたかいに全力をあげるとともに、真の働き方改革や全国一律最低賃金制度の確立、誰もが「8時間働けば人間らしく暮らせる」社会をめざし、2020年春闘での大幅賃上げ、臨時・非常勤職員の雇用安定、制度の趣旨に沿った会計年度任用職員の適正な処遇確保、安心して働き続けられる定年引き上げなどを求めましょう。

 

さらに、公務・公共サービス・教育の拡充を実現するため、職場・地域から共同を広げ、公務と民間、すべての市民・国民とともに2020年春闘を意気高く闘いぬきましょう。

 

2020年国民春闘スローガンを高く掲げ、2月の地域総行動や最大の山場である回答集中日翌日(3月12日)の統一行動などに「一組合員一行動」を追求してとりくみを大きく広げましょう。

 

 2020年1月29日

全労連公務部会第24回・公務労組連絡会第58回臨時総会

AIは、学校司書を超えられるか?

AIは、学校司書を超えられるか?

 

 年末に、「学校司書はAIでできる」という一部の主張で国会決議が成立しなかったという報道がありました。

 同じく、専門的知識のある司書増員を求めたのに対して、某県知事が「これからはAIの時代である」と述べたとの報告もありました。

 

 そこで思い出したのが、「学校司書の仕事リスト」です。10数年前の資料ですが、とりあえず、上記の2者の発言と比べることができるかなと考え、ブログに載せます。

 ぜひ、学校図書館にいるペッパーくん  を 想像しながら見てください。

 

学校司書の仕事リスト

 

 2003年12月、ある学校の学校司書のOさんが『学校図書館~司書・私たちの仕事~』と題した学校司書の仕事リストを作ってくれました。「日常的におこなっている仕事を項目別に整理してみました」「利用する権利のある皆さんに、さらに多くの適切な要求や知識を寄せてもらい、利用者のために、利用者とともにつくる図書館をめざしていきたいからです」と。

 

では見てみましょう。

 

【運営方針】

1.図書教諭と運営理念(案)の成文化      

2、司書教諭と単年度の運営方針(案)の作成

3.司書教諭と年間活動報告のまとめの作成

【貸出】

4.カウンター業務(貸出・返却)        

5.返却ポストからの回収

6.返却本の整理・配架

7.予約業務(受付・処理・本渡し)

8.統計(貸出・予約)の作成

9.督促状書き・渡し

10.図書利用者カード・予約カード作成

11.お知らせカード作成

12.返却のしおり印刷

【資料収集】

 13.司書教諭と収集方針(案)の成文化

 14.複数の選書用参考資料のチェック

 15.新聞綴じ

 16.書架整理

 17.雑誌架整理

 18.郵便物整理

 19.修学旅行資料整理

 20.図書発注書作成・FAX

 21.購入本検本・読み合わせ

 22.納品書仕分け

 23.会計書類作成・会計簿記入

 24.雑誌受け入れ

 25.本の受け入れ(購入・寄付)

  (目録カード作成・仕分け・原簿記入)

 26.本の装備(ラベル・カード・ブッカー)

 27.本の事前補強

 28.破損本の補修

 29.過去の本の分類見直し

 30.新聞・雑誌のバックナンバー整理

 31.ケース作成

 32.書架組み立て

 33.書架移動

 34.各実行委員会の資料整理

 35.不明本探し・蔵書点検・除籍

 36.雑誌チェック

 37.いすの修理・照明の取替え

 38.購入雑誌データ作成

 39.既存図書データ作成

【授業との連携】

 40.教員との打ち合わせ

 41.利用案内・資料相談

 42.利用案内レジュメ準備

 43.レファレンス・サービス(調査の援助)

 44.レファレンスの記録

 45.リスト・簡単な本の紹介・ブックトーク

 46.年間授業カリキュラムに目を通しての教員からの情報収集

 47.別置(課題・テーマ別に資料をまとめた)コーナーの設置

 48.資料検索・レファレンス

 49.インターネット検索、利用のガイダンス

 50.インターネットコーナーの整備

【本への誘い】

 51.コーナー作り替え

 52.新聞掲示・そのテーマの本展示

 53.新着図書案内板掲示・展示

 54.特別展示・別置・かたづけ

 55.図書館通信の作成・印刷・配布

 56.新着図書案内の作成・印刷・配布

 57.コミック入荷表作成

 58.選定図書リスト・リスト作成

 59.ブックトーク・リスト作成

 60.新聞切り抜き(コピー)

 61.読書欄切り抜き(書評チェック)

 62.雑誌(新刊情報)等チェック

 63.読書案内

 64.資料検索・レファレンス(48.と重複)

 65.インターネット検索、利用のガイダンス(49.と重複)

 66.インターネットコーナーの整備(50と重複)

 

オリエンテーション

 67.新入生に対してのガイダンス準備・実施

【会議等】

 68.図書館部会資料準備

 69.図書館部会(会議) → 職員会議

 70.司書教諭と日程の手配

 71.司書教諭と公開教育研究会の資料準備

 72.研究会のテープ起こし・記録作成

 73.研究会の講師依頼・礼状作成

【行事等】・・・主に図書委員会(生徒)と。

 74.リサイクル本コーナーの設置

 75.リサイクル本の残り本の整理

 76.映画会準備・実施

 77.展示会準備・実施

 78.読書会準備・実施

 79.PR文書作り

【図書委員会】

  別

【対外関係・図書館・書店、他…】

 80.県立図書館の蔵書検索・文献複写依頼

 81.市立図書館・広域ネットワーク図書館の蔵書検索

 82.居住地区公立図書館の蔵書検索

 83.大学図書館へレファレンス依頼

 84.他都県立図書館へ貸し出し依頼

 85.国立国会図書館へ貸し出し依頼

 86.いろいろな団体にレファレンス依頼

 87.市立図書館(本館・子ども図書館)へ借りに行く

 88.他館への返却本チェック、返しに行く

 89.書店・出版社へ電話、問い合わせ・発注

【その他】

 90.館内整理(掃除・机拭き・鉢植え水やり)

 91.書庫整理

 92.館内装飾・掲示作成

 93.廊下の掲示板物張り替え

 

もう今なら、100を超えているかもしれません。

あるいは、PCの普及で、減っている?

 

ちいちゃんのかげおくり 時代背景を知ろう

静岡市職員組合 女性部主催

     

   「ちいちゃんのかげおくり」の時代背景を知ろう!

            ~戦争体験を聞いて 考えよう~

        

2020年2月15日(土) 13時~15時   

市教組会館大会議室

  静岡市葵区末広町1-4

    谷川フルーツさんの交差点を北へ  安西1丁目

    両側に2つのお寺があり、そこを過ぎると左側に

 

  「ちいちゃんのかげおくり」「一つの花」など戦争教材は

時代背景が現代と大きく違うことから、

内容を扱うときに苦労したことはありませんか?

心情や状況を読み取る際に戦争は外すことはできません。

しかし、戦争体験者は減ってきているので、

教師だけでは子ども達に伝えることがなかなかできません。

 

そこで・・・

静岡市教組女性部では、

組合の大先輩である末広会の兼高靖之さんにお願いして、

戦争体験を語ってもらう機会を設けました。

 

 戦争中の学校のこと、

人々の暮らしのこと、

空襲などの戦争被害・・・

…だけでなく庶民が戦争に協力させられたことなども

具体的にお話していただけます。

 

多くの方の参加をお願いします。      

 

女性組合員だけでなく、

男性の方も、

講師の方など

組合員でなくても、

多くの方に声をかけています

かけてください

 

貴重なお話を聞きに来てください。

 

おいしいお菓子と飲み物を用意して

お待ちしています!

30人学級(少人数学級)へ さらにすすめてください  川勝県知事 様

 国民大運動静岡県実行委員会は、1月20日、静岡県川勝知事に、くらしと福祉・教育の充実を求めて要請を行いました。

 昨年10月24日に各課に要請しました。その中から、限られた時間のことを考えて、特にという項目を7つ選びました。

 

教育の分野での要請項目は以下のようです。

 

 小中学校の全学年で30人以下学級、高等学校全日制30人、定時制20人の学級定員を早期に実現させてください。そのために、より強く「学級編制基準の見直しと公立学校教職員定数の改善及び弾力的活用の推進」(令和2年度静岡県の要望・提案)を国に要望していただくとともに、県単独でも「静岡式30人学級」実現に努めてください。

 

 そして、当日口頭で次のように発言しました。

 

 「静岡式35人学級は全国的に見ても優れた施策だと思っています。本来国が定数改善をやるべきことで、静岡県でも強く国に要望していることは県教委からも聞いています。

 その上で、さらに少人数学級、30人学級を進めてほしいことを願います。

 

  現場の声を紹介します。

 

 不登校気味の子どもなどを抱える学級の担任は、今(静岡式35人学級により)27人4クラスだからやっていけると思っています。でも4月からは(転校により)35人3クラスになることが決まっています。同じように1クラスの人数が増えて荒れたクラスをいくつも見ているので、とても不安に感じています。

 

  別の先生は、子どもの育ちや環境、保護者などの状況が様々になっている現在、(だんだんつながっていくことを待つ前に)先ず子どもや保護者とつながることが大事になっていると言います。(本来教育はそうでなければならない…)そのためには少人数学級でないとやっていけません。

 

 特別支援学級の先生が受け持つ自閉症情緒学級では、4学年にわたる子どもが5人います。それぞれ個別の対応が求められます。学年に応じた学習もしなければなりません。子どもや保護者からも求められます。定数改善は国の施策ですが、少しでも人数が減ればいいのにと思います。

 

  ぜひこういう声に応えてください。

 

県知事はおおむね次のように答えられました。

 

 理念は私も同じ。

 そのため25人下限を撤廃した。現場により良い状況をつくっている。

 高校40人学級がネックとなっている。だから高校の合併をせざるを得ない。文科省がもっとやってほしい。

 総合教育会議を開催し、教育については開いた討議を行っている。構成する人の

色に染まらないように、有識者会議(地域自立のための『人づくり・学校づくり』実践委員会=矢野弘典委員長)を置いて民間の意見を聞いている。

 

 限られた時間の中ですが、こういう要請を少しずつ積み上げていきます。

 ご意見を寄せてください。

被災66年・2020年3・1ビキニデー集会 静岡市で  焼津市で

3・1ビキニデーの催しに参加してください。参加しましょう。

静岡市焼津市で行われます。

2月28日(金)~29日(土)原水協主催の集会や分科会があります。

3月1日(日)には、実行委員会などの主催で、墓参行進や3・1ビキニデー集会があります。

静岡の地で開かれます。犠牲者を追悼しましょう。ビキニ被災を風化させないようにしましょう。学びましょう。隠された被災者の救済の運動を知りましょう。連帯しましょう。核兵器の非人道性を知らせ広げましょう。決して抑止力などにはならないことも。

そして核兵器禁止の世界的運動へとつなげていきましょう。

隠されていた真実、闇に葬られようとしていた真実も、今、明らかになってきていることもあります。

 

【テーマ】 核兵器のない世界のための国際共同行動と草の根の行動

      核兵器禁止・廃絶、憲法9条を実現する日本をつくろう

 

◇ビキニ水爆被災の犠牲者を偲ぶとともに、核兵器のない世界実現の合意実行が迫られるNPT再検討会議、国際共同行動と世界大会NY、被爆75年原水爆禁止世界大会を目前にしたビキニデー集会として、飛躍的な成功をめざす。そのために、内外で政府と世論に対する働きかけ、とりわけ「ヒバクシャ国際署名」の飛躍をつくる。

 

被爆国日本が核兵器禁止条約の署名、批准、発効の先頭に立つ国となるよう、国民的な共同、全国の都道府県、市区町村、地域、職場、学園で共同と世論構築のための行動をひろげ、ビキニデーに結集する。

 

核兵器禁止・廃絶を軸に、気候変動、格差と貧困、戦争被害に対する内外の運動との連帯を圧倒的にひろげ、ビキニデーに反映させる。

 

 

         プログラム

2020年3.1ビキニデー日本原水協全国集会

① 3.1ビキニデー日本原水協全国集会・国際交流会議

◇日時    2月28日(金)14:30~17:30

◇会場    グランシップ静岡・会議ホール風

◇海外代表  アメリカ、マーシャル、フィリピン、韓国

◇主催    原水爆禁止日本協議会

 

② 3.1ビキニデー日本原水協全国集会・東富士基地ウォッチング

   (※オプショナル企画)

◇日時    2月29日(土)8:15集合・出発~12:30解散

◇内容    陸上自衛隊東富士演習場視察   

     ※参加費は別途必要、  要事前予約  2/1マデ

 

③ 3.1ビキニデー日本原水協全国集会・全体集会

◇日時    2月29日(土)13:00(12:00開場)~15:00

◇会場    静岡グランシップ・中ホール

◇主な内容  基調報告、海外からの報告、草の根運動の交流

◇主催    原水爆禁止日本協議会

 

④ 3.1ビキニデー日本原水協全国集会・分科会

◇日時    2月29日(土)15:30~18:30

◇会場    静岡グランシップ内の各会議室

【分科会テーマ】

(1)核兵器のない世界を-草の根の行動     会場:11階会議ホール(250人)

 

(2)ヒバクシャとともに-被爆者・核被害者のたたかい会場:9階910会議室(138人)

 

(3)非核平和の日本を-禁止条約への参加  会場:10階1001-1(120人)

 

(4)原発ゼロ、被災地支援、自然エネルギーへの転換 会場:2階映像ホール(90人)

 

(5)核兵器廃絶と気候変動/戦争被害        会場:9階904会議室(72人)

 

(6)ビキニ事件と原水爆禁止運動 <入門編>   会場:10階1001-2(180人)

 

⑤ 青年企画  ↓全教青年部、全教静岡組合員の参加もあります。ぜひ!

◇名称    Ring! Link! Zero 2020 in SHIZUOKA

◇日時    2月29日(土)19:00~20:30    

       ※分科会後の時間帯

◇会場    静岡駅北口 地下道と地下道入口周辺(雨天時は地下道)

◇内容    青年・学生による対話&署名&リレースピーチ

◇主催    Ring! Link! Zero 実行委員会

 

 

被災66年2020年3.1ビキニデー行動

 

① 墓参行進・墓前祭

 

◇日時    3月1日(日)9:15 JR焼津駅南口集合  9:30行進出発

              10:15~11:30 久保山愛吉さんの墓前祭

 

◇主催  

墓参行進(主催:被災66年3・1ビキニデー静岡県実行委員会、日本宗教者平和協議会) 

墓前祭(主催:日本宗教者平和協議会)

 

② 3.1ビキニデー集会

◇日時    3月1日(日) 13:00(12:00開場)~15:30

◇会場    焼津市文化センター・大ホール

 

◇主な内容  主催者報告、ビキニ水爆実験被害者の証言

海外代表の発言、全国の運動交流、文化企画、集会アピールの採択

 

◇主催    原水爆禁止世界大会実行委員会

       被災66年2020年3・1ビキニデー静岡県実行委員会

 

 参加費

◇2/28  日本原水協全国集会/国際交流集会 通訳機材使用料

        一般 2,000円  学生以下 1,000円

◇2/29  日本原水協全国集会/全体集会・分科会

        一般 3,000円  学生・被爆者・障害者 1,500円

        高校生 500円  静岡  2,000円

◇3/1   3・1ビキニデー集会

        一般 1,500円  学生・高校生・被爆者・障害者 500円

◇2/29  オプショナル企画「東富士基地ウオッチング」

一般 4,200 円  学生3,500 円 ※バス代、資料代、弁当代込