2019年原水爆禁止 平和行進 静岡県を行進中

5月19日(日)に、神奈川県から静岡県に引き継ぎました。

当日のお昼は、今日21日と違って、暑かった。

湯河原町の川端公園から出発。途中バスに乗り・・・。

👣👣👣👣  左に、初島を眺めながら、平和行進で~す。

右側、崖や急な坂道。その上に、マンションや別荘(?)

とても上ってはいけないけど、いつか行ってみたいな。

さて、熱海駅前は、最近は平日でも観光客でいっぱいだけど、

当日は、日曜日。大勢の観光客、旅館のお迎えのバス・・・

そこから下って、渚公園まで。

平和への、9条守れの、核兵器廃絶の・・・訴え。

毎年のことに、手を振ってくださる方、カンパをくださる方

うれしいね。

 

昨20日は、田方・函南~三島~裾野、

で、今日21日は御殿場の基地の間を、フェンスの向こう側の

軍服姿の「付き添い」の方とともに歩いているでしょうか。

沼津市役所から、千本浜海岸の今沢基地へ。

米軍、自衛隊強襲揚陸艦の揚陸演習で有名な基地です。

米軍は、世界どこでもですが、自衛隊

どこに揚陸する想定なのでしょうか?

 

この雨の中、行進は大丈夫でしょうか?

 

明日22日(水)は、JR富士宮駅南口9時30分からの予定です。

富士宮市役所

車移動で、お昼に富士市役所 ~ 平垣公園(富士駅近く)までです。

一緒の行進、あるいは声援、カンパ よろしく。

せんせい ふやそう キャンペーン

 長時間労働をなくすため、せんせいをふやそう!ネット署名のお願い

~ せんせい ふやそう キャンペーン ~

全教は、「1年単位の変形労働時間制」の導入ではなく、教職員定数の抜本的改善によって教職員の長時間過密労働を解消することをめざし、すべての教職員はもとより父母・保護者、広範な国民にアピールして大きな世論を広げるため、

ネット署名を中心にした「せんせい ふやそうキャンペーン」のとりくみを開始しました。

A5版(英語版ではありません)のチラシでお願いしている場合もあります。

 

※「せんせい ふやそう キャンペーン」の「せんせい」とは、学校のなかで子どもたちの教育に責任をもつすべての

教職員(含む事務、現業職員、栄養職員、学校司書、給食補助員、支援員、SC,SSWr、SSS 等)のことです。

 

 ネット署名の要求項目は以下の2点です。

  1.教職員を大幅に増やしてください

  2.「1年単位の変形労働時間制」の導入はやめてください

 

なお、ネット署名は、下記からご覧いただけます。

http://chng.it/YNMhpMsJcN  

チェンジオルグ せんせいふやそうキャンペーン 👈ポチッ

 

「賛同」をフェイスブックツイッターなどのシェアやメール送信などで広げていただくようお願いいたします。

 

※ 以下は、ネット署名の内容

 

内閣総理大臣

文部科学大臣

 

長時間労働をなくすため、先生をふやそう

 

1.教職員を大幅に増やしてください

 

○ 「せんせいってね、大変なんだよ。毎日、けんかをする子や泣く子の話を聞いたりしているんだから。それなのにぼくが相談したら、せんせいは病気になっちゃうよ」。ある不登校の子のつぶやきです。

文科省調査では、小学校教員の3割、中学校教員の6割以上が過労死ライン(1か月の時間外勤務の平均が80時間以上)を越えて働いています。厚労省「過労死等防止対策白書」では、高等学校や特別支援学校等を含めたすべての学校の教職員1日あたりの実勤務時間は、通常時でさえ平均11時間17分(所定の勤務時間は7時間45分)で、時間外勤務の平均は1か月あたり77時間44分にもなります。

○ 教職員のゆとりと健康あってこその、子どもの成長・発達です。教職員が所定の勤務時間の中で、子どもたち一人ひとりにしっかりよりそい、教育本来の仕事ができるようにしてください。

○ 学校生活がますます過密になっています。子どもにも教職員にも、もっとゆとりを!

 正規の教職員を増やして、一人ひとりが大切にされる教育がおこなえるようにしてください。

 

2.「1年単位の変形労働時間制」の導入はやめてください

 

中央教育審議会は、教職員のふだんの勤務時間を延長し、代わりに夏休みなどの勤務時間を縮める「1年単位の変形労働時間制」の導入を答申しました。

○ しかし、文部科学大臣柴山昌彦氏は、「変形労働時間制を導入することで、教師の業務や勤務が縮減するわけではない」(2019年1月7日 「日本教育新聞」) と述べています。縮減どころか、所定の勤務時間の延長によって1日8時間労働の原則が崩され、長時間労働がいっそう助長されてしまいます。

厚生労働省ガイドライン等(※)は、「週の労働時間をあらかじめ定めておくことが困難な業務」は「変形労働時間制を適用する余地はない」としています。子どもへの対応が緊急に必要となることの多い教職員の仕事も、その一つではないでしょうか。

 

<呼びかけ> 

◎せんせい ふやそうキャンペーン実行委員会

 

梅原 利夫(民主教育研究所 代表運営委員、和光大学 名誉教授)

永島 民男(教組共闘連絡会 代表幹事、全国私教連 中央執行委員長

小畑 雅子(全日本教職員組合 中央執行委員長

梶原 政子(子どもの権利・教育・文化 全国センタ― 代表委員)

加藤 健次(弁護士、全教常任弁護団 代表)

沓掛 正喜(教組共闘連絡会 代表幹事、長野県教組上小支部 執行委員長)

黒岩 哲彦(弁護士)

児美川 孝一郎(民主教育研究所 副代表運営委員、法政大学 教授)

齊藤 園生(弁護士、全教常任弁護団 事務局長)

杉島 幸生(弁護士、全教常任弁護団

中村 雅子(民主教育研究所 副代表運営委員、桜美林大学 教授)

堀尾 輝久(東京大学 名誉教授)

吉田 智明(教組共闘連絡会 代表幹事、福井高教組 執行委員長)

渡辺 孝之(教組共闘連絡会 代表幹事、宮城県教組 執行委員長)

渡辺 輝人(弁護士、全教常任弁護団

                    呼びかけ人依頼中

 

            ◇◆◇全日本教職員組合 生活権利・法制局◇◆◇

             〒102-0084 東京都千代田区二番町12-1

               Tel : 03-5211-0123 Fax:03-5211-0124

               Mail: z_seiken@educas.jp

 

            ◇◆◇全静岡教職員組合 ◇◆◇

             〒420-0004 静岡市葵区末広町1-4

               Tel : 054-253-3331 Fax:054-270-7802

               Mail: zenkyoshizuoka@dream.ocn.ne.jp

年末の 文科省パブリックコメント
組合員の意見から

働き方改革答申素案に関する意見


・ 長時間過密労働を、教職員の意識や本人の自己責任の問題にするのはおかしいと思います。


 業務量を増やして、人を増やさない(最近は減らしてさえいる)  としてきたのは、政府・文科省ではないですか。
 中教審は、次期学習指導要領を打ち出すとき、教育内容は減らさないとうたいました。これは増やすということと同じです。


 しかも、これまでも現場の教職員は時間外を減らそうと工夫し、努力してきました。タイムマネジメントが欠けているとコンサルタントの方がアドバイスしますが、これ以上どうしろというのでしょうか。


・ 教職員や学校現場に責任転嫁する前に、国が果たすべき財政的・人的(定数改善)措置をこそ講じるべきです。


しかし、そのことに触れられていないのはどういうわけでしょうか。少なくとも、2000年までは政府などの文書には、一定の財政的措置が触れられていたように思います。自己責任と言いながら、自らの責任を語ることをしないのは、まっとうな姿勢とは言えません。


思い切って 「人と予算を増やす」 と、政府文科省が言うべきです。


・ 全国学力学習状況調査(全国学テ)などで、抽出で済むはずのものを悉皆にして過度に競争を煽ったり、学習指導要領で教え方や内容を押し付けるなどの管理や統制はやめるべきです。
 教職員の自主性と専門性を尊重すれば、もっと生き生きとした学校になります。


・ 1年を単位とする変形労働時間制を学校現場に認めるのはやめるべきです。
 

 そもそも地公法で認めていないのは、公務員は国民全体の奉仕者である以上、季節や時期で仕事量のめりはりをつけられないからでしょう。


教職員には夏休みがあるからと言いたいのでしょうが、まず、長期休みに休めないことが多いのが現実です。8月に時間外100時間という教員がいたりするのです。また、長期休みというのは、ヨーロッパのそれが意味しているように、勤務の中にあってこそ休養等の意味があると思います。


 さらに、見せかけだけの時間外勤務解消となったり、平日1日の勤務時間を長くしたら年休を取って保育園への迎えに行くことになったりするのではないでしょうか。


 恒常的に時間外労働がある学校現場にはなじまないものです。


・ 大胆に、給特法を改正して、一定の時間外を認め、時間外賃金を支払うようにしたらどうでしょうか。


 よろしくご配意ください。
               以上

働き方改革ガイドライン案に関する意見


・ 月80時間、月100時間などの時間外労働は、脳血管疾患及び虚血性心疾患などや心理的負荷による精神障害を起こしやすいとして、厚生労働省と医師団が認めた数値です。特例としても認めてはいけないものだと思います。


 (精神疾患などに)り患した本人や家族のつらさや悲しみを考えたガイドラインであってほしいと思います。


・ 給特法で認めていないのに時間外の上限規制があるという矛盾をどう説明するのでしょう。


 少なくとも、よほどのことを想定しているのでしょうから、今までの事例などから具体例を示すべきです。


・ 時間外は限定4項目以外は命じられないことになっているのですから、明示だけでなく暗示として命じた場合(判例あり)の責任も明記すべきだと思います。


 個人責任や自主的自発的なものとされるのは納得いきません。


・ 特例等をどうしても盛り込みたい場合は、


    法改正して時間外支給が可能になるようにすること、
    

    違反した場合の命じた者の罰則規定を明確にすること、


    職員団体・教組との交渉を認めることなども盛り込んでください。


            以上


お願い→静岡県庁西館の7階〜8階の働き方改革を、まず、はじめに、早急に!

子どもたちの豊かな成長と発達のために
子どもたちといっしょに
保護者の皆さん、県民の皆さんとともに
ゆきとどいた教育の実現をめざして
今年2019年スタートです。


(新)学習指導要領が基準ではなく、
政府・文科省のレールに沿った教育ではなく、
子どもたちの今を基準に、
子どもたちの成長と発達に沿った教育を


初日の出  希望を照らす

元日の富士山 凛として


いっしょに がんばらざあ
流されないように
ともに手を取り合って
学んで行かざあや

県教委に次の要請書を出しています。

障害者雇用数水増し問題解明を求める要請書


標記の件について、公務ならびに教育委員会には、あってはならないことと感じています。


それは、不正であること、


今まで是正してこなかったこと、


障害児・者の就労機会や就労への期待を裏切ってきたこと、


障害児の教育や成長、発達のために尽力してきた人たちの信頼も裏切ったこと、


必要な労働条件などの改善措置を怠ってきたこと、


民間企業に対して顔向けできない行為であること、


誠実に遂行してきた他自治体に対しても極めて失礼な行いであること等と考えるからです。


つきましては、下記の要請をします。誠実に応えてくださることを願います。




1. 法定雇用率達成のための施策を公表し、直ちに達成をめざすこと。


2. 1976年の身体障害者雇用が義務となってからの42年間の不正について洗い出し、それを正すための方策を明らかにすること。


 とりわけ、貴職の法定雇用率未達成が指摘された平成21年(2009年)の際や、刑事告発された平成26年の労働者健康福祉機構の事件の際にも是正措置がとられなかった理由については厳正に調査し、是正のための措置を取ること。


3. 一部首長のように障害者雇用促進法の不備を指摘するような本末転倒の態度を取ることなく、また「過重な負担」と先に言い訳することなく、「適切に対応するために必要な体制の整備その他の雇用管理上必要な措置」を講ずることを先ず念頭に置いて、1.及び2.の施策に取り組むこと。


4.1.2.及び3.に取り組むにあたっては、現場への無理な押し付けとならぬよう、必要な財政的・人的措置や条件整備を行うこと。


5.障害者雇用の確保や雇用率達成のために取り組んできている他自治体・教育委員会の経験や取り組みに学ぶこと。


6.障害者の就労機会の拡大や就労環境改善のための施策に県全体として取り組むとともに、必要な財政措置等を国に対して要求すること。


7.これを契機に学校の施設を含めた労働環境に目を向け、必要な改善に取り組むこと。


8.以上の施策について広く県民に公表すること。 


以上


 平成21年(2009年)の厚生労働省からの勧告   厚生労働省も水増し問題を起こしているから、それでいいじゃん・・・というわけにはいかないですよね。法律と国民、県民に対してどう向き合うかが問われています。

【全教談話】        

2019年度政府予算案の閣議決定にあたって

大軍拡と財界の求める「グローバル人材」育成のための予算から、

憲法子どもの権利条約にもとづき、子どもたちが安心して学べる教育予算への抜本的な転換を

2018年12月26日
全日本教職員組合(全教)
書記長 小畑 雅子


1、アメリカとともに「戦争する国」づくりにひた走る大軍拡予算


 2018年12月21日、政府は7年連続で過去最大となる2019年度政府予算案を閣議決定しました。2019年10月に予定される消費税増税の対策に約2兆円計上したため、当初予算として初めて100兆円を超え、総額101兆4564億円(前年度当初比3兆7437億円増)となりました。麻生財務大臣は「経済再生と財政健全化の両立を図れた」と胸を張りますが、国の資産を食いつぶして税外収入を増やし新規国債発行額を抑える“見せかけの財政健全化”に過ぎません。


 予算案の最大の特徴は膨らみ続ける防衛予算と専守防衛の枠に収まらない使途です。総額で前年度当初比663億円増の5兆2574億円と5年連続で過去最大を更新し、陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」2基導入をはじめ、「いずも」型護衛艦の「空母化」、最新鋭ステルス戦闘機「F35A」、長距離巡航ミサイルなど、過剰な防衛力と必要のない攻撃力を保持しようとするものです。これは、予算案と同時に閣議決定した過去最大の27兆4700億円となる「中期防衛力整備計画」(2019〜2023年度)を反映したものです。その上、「アメリカの言い値」で受け入れる有償軍事援助(FMS)は、対前年度比2911億円増の7013億円で、防衛予算膨張の要因となっています。


 また、防災・減災など「国土強靭化」対策として前年比15.5%の大幅増となる公共事業関係費や、「Society5.0に向けた人材育成」、TPP対策関連費用など、安倍政権が掲げる「成長戦略」に沿ったものには予算をつけ、教育や社会保障、医療など生活関連予算は削減・抑制するもので、断じて容認できないものです。


2、ゆきとどいた教育をもとめる父母・保護者、国民の声に背を向ける文教予算


 文部科学関係予算は、一般会計で前年度当初予算比2349億円増の5兆5287億円となっています。そのうち、文教関係予算は4兆2348億円(同2093億円増)です。しかし、「骨太の方針 2018」の「消費税率引上げに伴う需要変動に対して…別途、臨時・特別の措置を2019・2020年度当初予算において、講ずる」との方針に沿った「臨時・特別の措置」が文科予算で2084億円、文教予算で1974億円計上されているため、それを除けば2018年度とほぼ同水準に止められました。


 父母・保護者、国民の願いである35人学級の推進や、喫緊の課題である教職員の長時間過密労働を解消するための抜本的な教職員定数増に背を向け、安倍政権の掲げる「人生100年時代」「Society5.0」「人づくり革命」「生産性革命」などのキーワードを至るところに散りばめ、政権の意に沿った「教育改革」を子どもと教職員に強制するものとなっています。


(1) 国の責任による35人学級前進と教職員長時間過密労働解消のための教職員定数改善に背を向ける予算


1) 義務教育費国庫負担金1兆5200億円(前年比27億円減)が計上され、小学校専科(英語)指導1000人をはじめ、中学校生徒指導50人、学校運営体制強化60人、通級による指導や日本語指導等の基礎定数化246人、貧困等に起因する学力課題の解消50人、養護教諭栄養教諭等20人、統廃合・小規模校支援30人の合計1456人の定数改善をおこなうとしています。自然減等を4326人と見込んでいるため、2870人の大幅な削減になります。
  その上、小学校英語指導の加配については、教員の新規採用にあたって「一定以上の英語力を有する者の割合が50%以上」の都道府県等を優先するとしています。国が果たすべきナショナルミニマムの立場を投げ捨て、予算を政策誘導的に利用するものです。


 これでは国の責任で35人学級を前進させることにならず、喫緊の課題である教職員の長時間過密労働の解消にもつながりません。「働き方改革」を標榜しながら、結果的に2870人もの教職員を減らすのは矛盾した施策であり決して許されるものではありません。さらに、部活動手当の「土日3時間程度2700円」への引き下げは、いっそう劣悪な条件下での勤務を強いるものです。


2) 専門スタッフ・外部人材の拡充に135億円(同15億円増)が計上され、スクール・サポート・スタッフ3600人、中学校部活指導員9000人、スクールカウンセラーを全公立小中学校(2万7500校)に、スクールソーシャルワーカーを全中学校区(約1万人)に配置するとしています。これらは、学校教育活動支援やいじめ対策、不登校支援、教員の負担軽減など、様々な目的で配置されますが、いずれも細切れで必要なときに必ず対応できるとは限りません。また、賃金・処遇なども不十分で人を集められるかどうかも不透明です。正規の教職員を配置することが求められています。


3) 「学校現場における業務の適正化」については、「教員の長時間勤務を見直すことで、教員自らが意欲と能力を最大限発揮できる環境を整備」するとしながら「業務の見直し」「意識改革のための研修」「業務改善アドバイザー派遣」などを並べるだけです。教職員の長時間過密労働は単なる業務の見直しで解消できるものではありません。まして、教職員の「意識改革」などで片付ける問題ではありません。業務量を減らすと同時に、35人学級や教職員定数増など教育条件整備をすすめることが不可欠です。


4) 「切れ目ない支援体制構築に向けた特別支援教育の充実」では、医療的ケアのための看護師増員や教科書デジタルデータを活用した教科書・教材普及促進、高校段階の入院生徒に対する教育保障体制整備等の予算措置がおこなわれる一方で、改訂学習指導要領等の「趣旨徹底」による「学習・指導方法の改善・充実」を押しつける予算が強化されています。父母・保護者や教職員が求め続けている特別支援学校の設置基準策定や特別支援学級の学級編制標準引き下げに関する言及はなく、「特別支援学校の教室不足解消のための補助」の記述のみで前進面が見られません。


(2) 財界が求める「グローバル人材」育成のため、小学校から大学までの公教育を総動員する教育予算


1) 「教員の養成・採用・研修の一体的改革」として、教員の管理統制をいっそうすすめる予算が計上されています。また、教員免許失効を防ぐ名目で「教員免許管理システム」機能強化が新規で予算化されました。


2) 「教育における客観的根拠に基づく政策立案(EBPM)」を推進するための調査研究の予算を新規で計上しています。全国一斉学力テストの結果を「客観的根拠」に位置付け、教育政策の根拠にしようとしています。2019年度は小6、中3に国語、算数・数学、英語(中学校)の悉皆調査がおこなわれます。中学校英語では実証研究段階で多くの問題が発生し、文科省が「設置管理者の判断により学校単位で『話すこと』調査を実施しないこととすることができる」との通知を出さざるを得ない状況に陥りました。英語調査が学校現場に混乱を招き、教育活動にゆがみをもたらすものであることを示していると言わざるを得ません。


3) 幼・小・中・高の学習指導要領が改訂され、「社会に開かれた教育課程」実現のため、「教員の資質・能力向上」、「主体的・対話的で深い学び(アクティブ・ラーニング)」による学習・指導方法改善、「カリキュラム・マネジメント」推進などに多くの予算をあて、その徹底を図ろうとしています。


 また、小・中・高を通じた英語教育強化や道徳教育の充実、小学校プログラミング教育を重視する情報活用能力の育成など、「新しい時代に求められる資質・能力の育成」にかかる予算が増額されています。


4) 「高大接続改革」については、2019年度から導入する「高校生のための学びの基礎診断」や2020年度から導入する「大学入学共通テスト」の調査研究・準備の予算が計上され、動きが加速されています。しかし、学校現場での十分な検討がおこなわれておらず、拙速な導入は高校生や教職員に混乱と不安を招くばかりです。


5) 「高大接続改革」では、「基礎診断」の作成から採点、分析まで実施の大半が民間事業者に委託され、「共通テスト」でも英語(検定)や採点の一部について同様のことが計画されています。さらに、安倍「教育再生」の核となる「グローバル化に対応した英語教育改革」や「ICT活用の推進」「Society5.0に向けた人材育成」については、民間事業者の参入を積極的にすすめています。経済産業省も教育を「成長戦略」としてとらえ、「新たな学びを可能にするEdTechやSTEAM学習プログラム等の開発・実証を民間教育・学校・産業界等の参画」をすすめる「学びと社会の連携促進事業」の予算を新規に10.6億円計上しています。民間事業者の参入を際限なく許せば、教育が利潤追求の場となり公教育が歪められることになりかねません。国には、すべての子どもたちに等しくゆきとどいた教育を保障する立場で公教育に責任を持つことが求められます。


(3) すべての子どもや高校生、青年に対する権利としての教育無償化が不十分


1) 「高校生等への修学支援」は中間まとめが出されないまま、所得制限が導入された高等学校等就学支援金制度が継続されています。「高校無償化」3年目の見直しの結論を出さなかった文科省の責任は重いものがあります。その背景には、安倍内閣が2兆円規模の「新しい経済政策パッケージ」を閣議決定し、年収590万円未満世帯の私立高校授業料実質無償化を明記したことがあります。しかしながら、2019年度予算には具体的記述がなく、実施については不透明なままとなっています。


 高校生等奨学給付金(奨学のための給付金)については、給付額(一子単価)が公立1900円、私立9500円の増額となっています。貧困と格差が広がる中、低所得世帯への支援拡充は一定評価されるものです。


2) 大学等の給付型奨学金については、2年目となる2019年度に2万人追加し給付人員4万1400人とし、昨年度に引き続き、無利子奨学金希望者全員への貸与などの予算が計上されています。給付型が本格実施されたことは前進ですが、人数・支給額ともに決して十分なものではありません。また、「新しい経済政策パッケージ」に位置付けられた大学授業料減免措置拡大と学生生活を支える給付奨学金などとの関連が不明で、奨学金制度の全体像が示されず、高校生・青年に不安を広げています。


3) 私学助成関係予算では、全国私教連や私学助成をすすめる会のとりくみなどによって、「私立高等学校等経常費助成費等補助」の一般補助(幼児児童生徒一人当たり単価)等が増額されています。


 また、「私立学校施設・設備の整備の推進」では、公立に比べて遅れている学校施設の耐震化、非構造部材の落下防止対策やブロック塀の安全対策等に、「防災・減災、国土強靭化関係予算」(臨時・特別の措置)を使って大幅な予算増としています。
また、「幼児教育の振興」では、2019年10月の消費税増税を前提とする「新しい経済政策パッケージ」に基づく「子ども・子育て支援新制度」(内閣府予算)を含め「幼児教育無償化の実施(幼稚園就学奨励費補助等)」に701億円が計上されています。


 私学助成の予算を増額したことは一定評価できますが、父母・保護者や生徒、教職員の願いである学費等経済的な公私間格差の是正、安定的な経営を支える公的助成など、公教育として国が私学を支えるため、文教予算におけるいっそうの拡充が強く求められます。


3、憲法子どもの権利条約にもとづき、学ぶ喜びと希望を育む教育予算への転換を

 
 以上のように、2019年度文科予算は、30年にわたる全国各地での父母・保護者や地域住民、教職員、高校生などが協力・共同し集めた4億6千万筆に達する教育全国署名に込められたゆきとどいた教育を求める国民の声に背を向け、政権の思惑に教育を利用する予算となっており、断じて容認できるものではありません。


 国の責任で教育条件整備をすすめるための予算を求める声は、地方自治体・議会をはじめ教育委員会、校長会、PTAなどからも上がっています。とりわけ、教職員定数増を求める声は強く大きくなっています。しかし、2019年度予算がこのような国民の声に応えるものでないことは明らかです。


 全教は、アメリカとともに「戦争する国」づくりをすすめる大軍拡予算と財界の求める「グローバル人材」育成のための予算を大幅に削減し、憲法子どもの権利条約にもとづき、国の責任による35人以下学級の前進、給付奨学金の拡充、公私ともに学費の無償化などをすすめ、子どもたちが安心して学べる教育予算への抜本的な転換を求め、父母・保護者や地域住民とともに、「教育全国署名」や「えがお署名」、自治体要請、地方議会での意見書採択など奮闘する決意です。


                          以  上


25日、文科省から発表がありました。
26日の新聞が、「休職の教員5000人」と伝えた資料です。
ぜひ、お休みの間に見ておいてください。
これを変えてほしい!よくしてほしいと、毎年末、思います。
平成29年度公立学校教職員の人事行政状況調査について
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/jinji/1411820.htm